11月7日 UPDATE:こちらの講座はお陰様でお申込者が定員に達しました。

 

宗教学者であり、タイ語教育者としても活躍する山田均先生の「タイ文字講座」が3年ぶりに復活します!

基本から例外まで、タイ文字表記の全法則を学ぶ2日間の短期集中講座です。

タイ文字を学んでみたかった方、基礎を見直してみたかった方、是非この機会にお申し込みください!

 

山田均先生のプロフィール

Yamada Hitoshi, Ph.D.

武蔵野大学教授 / 学外学修推進センター長
1983年 早稲田大学第一文学部東洋哲学科卒業。サンスクリットを長柄行光師に、東洋学を福井文雅教授・天台宗勧学に師事。仏教学を平川彰教授に、タイ研究を石井米雄京大教授に師事。タイ留学中クメール碑文をウライスィー・ウォーラッサリン シラパコーン大学教授に師事。論文『タイ仏教僧団の研究』により小野梓記念学術賞。日本学術振興会バンコク研究連絡センター長、名桜大学国際学群教授など歴任。宗教学者。浄土真宗本願寺派僧侶。『タンマユット派の研究』により文学博士。好きな動物はしゃむねこ。

【タイ語学習に関する主な著書】
タイ語のかたち(2002年 白水社)
キーワードで覚える! やさしいタイ語会話(2004年 ユニコム社)
NHKテレビ アジア語楽紀行 旅するタイ語(2006年 日本放送出版協会)
タイ語の耳(2006年 白水社)
タイ語の目(2006年 白水社)
等多数

 

前回の受講者の声

dsc08939

・以前タイ人の先生に習ったことはありますが、理解があやふやな部分が多く、そこを整理したいと思い受講しました。大変わかりやすく、このような授業を受けれて本当によかったです。

・この歳で15時間にも及ぶぶっ続けの勉強に耐えられるのだろうか、と始まってすぐ不安になりましたが、先生のわかりやすい講義であっという間の二日間でした。貴重な機会をありがとうございました。

・今回初めてタイ文字を学びました。スタートからなかなかハードな内容で、正直ついていけるのか不安でしたが、先生が一つ一つ丁寧に説明をしてくれ、なんとか乗り切れました。二日間という短い時間なので、ゼロからタイ文字を学ぶ人には少しハードルが高いかなと感じました。

・タイ語と他言語との関係、地理的・歴史的な背景とともにタイ文字のルールを学ぶことができ、とても興味深かったです。これまで自分で勉強してきて曖昧だった点が、今回の講座でクリアになり、すんなり頭に入りました。

・初めてタイ文字を学びましたが、予想していた以上に複雑で、心が折れそうになりましたが、今はやりきった!という喜びです。大変大きな一歩となりました。本格的にタイ文字を勉強しようと決意しました。

・タイ文字のルールを2日間で集中して学ぶというレアな企画、大変よかったです。高子音、中子音、低子音を色分けして視覚的に認識しやすくなる方法は素晴らしいと感じました。とにかく今回教えて頂いたことをまずは暗記できるよう明日から頑張りたいと思います。

・これまで気が付かなかった点が盛り沢山で、大変ためになりました。言葉の成り立ちは、その言葉がどこから来たのかに大きな影響を受けていると初めて意識することができました。

 

 

スケジュール・会場・受講料・お申込み方法

日時
2022年12月3日(土)〜12月4日(日)

初日  9:00-19:00頃 / ランチ休憩・小休憩あり
2日目 9:00-17:00頃 / ランチ休憩・小休憩あり
(終了時間は講義の進行次第で多少前後します)

2日目の講座終了後に自由参加の打ち上げあり

会場
CNC Residence, 6th Floor, Conference Room
Sukhumvit 33(下記地図参照)

受講料
お一人様5,000バーツ / 初日の朝に現金にてお支払い

定員
最大15名(お申込み者多数の場合、先着順とさせて頂きます)

お申込み方法
・下記メールアドレスに氏名をご記載の上、参加希望の旨をお送り下さい。
※もしご勤務先名義で領収書をご希望の方はご勤務先名と会社住所もご記入下さい。
ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

seminar@ishikawashoji.com
石川商事 石田

お申込み、お待ちしております。

 


山田先生にきいてみたバンコクの地名の意味・由来
「おしえて!しゃむねこ先生」はこちら!
http://www.ishikawashoji.com/ishikawa-news/teach-me-history/