大好評の駐在員のためのタイ語講座シリーズ。第1&2回は、「ドライバーとの会話編」をお届けしました。

第3回目となる今回は、「バミー屋での注文の仕方」です。

そもそも「バミーって何?」、という方のために、念のため説明しておきましょう。

バミーとは、中華麺を使用したタイ風ラーメンのこと。

タイにはバミーをはじめとして、様々な種類の麺料理があります。しかも、安くてうまいからありがたい。中でも我々日本人にとって、最も馴染みやすい麺料理がバミーと言えるでしょう。

しかし、日本のラーメン屋さんと同様に、タイでも人気の麺屋さんは店構えが清潔とは言えない場合が多く、ローカル色の濃い食堂や屋台だったりします。

麺類の注文時には、麺の種類や汁の有無によって注文方法が変わるのですが、そういったお店はタイ語しか通じません。

でもご安心を。

この動画を見れば、誰でも麺類の注文方法を完璧にマスターできます。

外国人が拙いタイ語で注文する姿を見て、お店の人も喜んでくれるでしょう。そして何よりあなたのバンコク麺ライフがより充実したものになるはずです。

それでは、駐在員のためのタイ語講座第3回「バミー屋での注文の仕方」をどうぞ!

※動画の最後でテイクアウトしたい時のタイ語を紹介しましたが、これにはいろいろな表現があって、「アウ・グラップ・バーン」という言い方も一般的です。
単語別に訳すとと

  • アウ=得る
  • グラップ=帰る
  • バーン=家

となります。