バンコク南側の川向こうにある、大きな緑の一帯。
皆さんは気になったことがないでしょうか?
バンコク歴が長い人も、行きそうで行かないところのひとつだと思います。

ここはサムットプラーカーン県のバーン・カチャオ(Bang Kachao)といって、「バンコクの肺」とも呼ばれる自然保護区であり、サイクリングのメッカでもあります。

スクンビットからたった30分ほどで気軽に田舎感覚が味わえ、自然の中でのサイクリングが楽しめるこのバーン・カチャオ。
自転車を持っていない人でも、現地で安く借りられるので、休日に一度行かれてみてはいかがでしょうか。

img_7336

 

アクセスはクロントイからの渡し船がおすすめ

バーン・カチャオにはいろいろなアクセス方法がありますが、車ですと市内から1時間近くかかってしまいますし、また風情もありません。
やはりチャオプラヤー川を渡って行くのがおすすめです。
まずはクロントイの船着き場を目指しましょう。
エンポリウムからであれば、タクシーで10〜15分ほどで着いてしまいます。

 

ワット・クロントイ・ノークの船着き場の行き方

access-map

クロントイの船着き場はいくつかありますが、代表的なのがワット・クロントイ・ノークの船着き場です。
タクシーで行く場合、「ワット・クロントイ・ノーク」と言っても知らない運転手も多いので、まずは「ター・ルア・クロントイ(Klongtoey Port)」と伝え、セブンイレブンのところで降りましょう。

img_7275

セブンイレブンのすぐ近くにあるワット・クロントイ・ノークの入口を入り、真っ直ぐ進んでゆくと…

img_7286

このように船着き場に出ます。写真の女性陣は石川商事のスタッフです。

img_7288

渡し船の運賃は一人10バーツ。

 

img_7292

バーン・カチャオの船着き場に到着。

img_7297

船着き場には貸自転車屋があり、面倒な手続きもなく1日80バーツで借りられます。

 

現地での主なレジャースポット

貸自転車屋さんがいろいろな情報を丁寧に教えてくれますが、バーン・カチャオのレジャースポットは大きく以下の5つ。

  • スィーナコンクアンカン公園(バードウォチングなども楽しめる自然公園)
  • バーン・ナムプン市場(雰囲気があって楽しい市場)
  • カフェ
  • 闘魚の博物館
  • バティック屋

bang-kajao-map

今回は「バーン・ナムプン市場」、人気のカフェ「Bangkok Tea House」、「自然公園」の順に3ヶ所を廻ってみました。

ここからは動画(1分16秒)でどうぞお楽しみください!

いかがでしたでしょうか。
週末にご家族やお友だちとワイワイ行くのも楽しいですし、一人でふらっと行くのもオツでしょう。
昼間は暑いので、朝がおすすめです。

 

※上記の情報はすべて2017年9月現在のものとなります